Edge Project ~俳優の「真実の演技」を手に入れる為のワークショップのシリーズ~

その時その場でのみ起こり得るあらゆる要素に確実にコミットしながら、俳優同士が、繊細かつ力強いコミュニケーションを行う事で、深く鋭い真実の葛藤を生み出す。 リアルでお芝居のようでなく、観客の心に深く届く、本物の芸術的な演技を身に付けたいならPrayers Studio が提供する Edge Project のシリーズで具体的な訓練を始めましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素人俳優

俳優が相手にして勝てない相手が、
①赤ちゃんと動物
②素人
だそうです。
北野武監督が素人を使う理由もこれだというのも有名な話。
赤ちゃんと動物は嘘をつかない。
腹が立たないのに怒ったり、悲しくないのに泣いたりはしない。
完全に自然の法則にのっとって、心のままに行動している。
これに対して俳優は嘘をつく。
自然の法則を破壊してなにやら頭で考えて演技をしちゃう。
そして観客の視線は、完全に自然の法則にのっとって心のままに行動しているものに惹きつけられる。
と言う仕組み。
舞台上で観客の視線が「自然」なもの、つまり完全に自由でのびのびとしている、嘘の無いもの。「真実なもの」に惹きつけられる。と言うのは誰もが認める事実であり真実の現象。
②の素人俳優は「何もしない」から良いのだそうだ
確かに、嘘をついて気持ちの悪い演技をする奴等より何もしないほうが良いというのは良く分かる。
が、
僕はそこでは満足がいかない。
俳優の芸術は行動の芸術である。
それも嘘の無い、自然の法則に従った創造的な行動(「創造」とは自然の法則に則ったものだと言うのは、スタニスラフスキーに限らずともあらゆる天才的な芸術家や賢者の統一見解だが)
が、俳優の芸術。
そうなのだとすると、やはり素人じゃ駄目だ。
ちゃんとした技術を持ったプロの俳優同士の演技の間に始めて芸術が生まれる。
EdgeProjectでは「自然の法則に従った創造的な行動」で行動し合い、葛藤し合える俳優を一人でも多く生み出したいと思う。
そして本物の芸術的な作品が生まれるようになればいいと思う。
美しい瞬間。
永遠の瞬間。
そういうものが生まれるために。
トレーニングしましょうね~!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://edgeproject2007.blog116.fc2.com/tb.php/22-d89b1603
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。