Edge Project ~俳優の「真実の演技」を手に入れる為のワークショップのシリーズ~

その時その場でのみ起こり得るあらゆる要素に確実にコミットしながら、俳優同士が、繊細かつ力強いコミュニケーションを行う事で、深く鋭い真実の葛藤を生み出す。 リアルでお芝居のようでなく、観客の心に深く届く、本物の芸術的な演技を身に付けたいならPrayers Studio が提供する Edge Project のシリーズで具体的な訓練を始めましょう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動と感情の芸術的な表現(説得力のある演技)。或いは行動と感情の真実味のある表現(リアリティーのある演技)。

俳優に求められている仕事とは何でしょう?

それは「行動」と「感情」と言う事がとても深く関わっているようです。

行動と感情の芸術的な表現(説得力のある演技)。或いは行動と感情の真実味のある表現(リアリティーのある演技)。と言う事が出来るでしょうか。
つまり、沢山の観客が見守る舞台上で、或いは沢山のスタッフが見守るカメラの前で、本当に心の底から怒ったり泣いたり笑ったりする事、またその場にふさわしい行動を求められる。と言う事です。

多くの俳優が、台本または監督や演出家の指示に合う「感情」を作ろうとして苦心しています。
そして、そのうちのほんの一握りの俳優だけが「本当らしい」「説得力のある」感情と行動の表現をして、才能の有る俳優だと評価されるのです。
逆を言うなら、ほとんどの俳優の作り出す表現は「うそ臭い」「大袈裟だ」なんていう評価を受けてしまいます。
この差にはいったい何があるのでしょう?

実はこれはほんのちょっとした極めて具体的な差なのです。

才能の有る俳優は、舞台上やカメラの前でも、日常生活でしているのと同じように「人間の自然な行動の仕方」で行動する。
今一な俳優は、舞台上やカメラの前に出ると、日常では決してやらないような「頭で考えた行動の仕方」で行動してしまう。
たったこれだけの事なのです。

「頭で考えた行動の仕方」とはどういうことでしょう?この台詞は怒りのニュアンスを出すためにこんなイントネーションで言ってみよう。ここは喜びで高ぶったニュアンスを出すためにこんな感じの動きにしてみよう。と、舞台上での自分の行動を頭で考え、決めて行うことが「頭で考えた行動の仕方」です。
「人間の、自然な行動の仕方」とはどういうことでしょう?欲求によって行動が生まれ、その行動に対する周囲の状況や反応に対して感情が生まれる。と言う事。そして90%以上の行動は考えて、コントロールしては行われていない。と言う事です。例を挙げて見ましょう。
「コーヒーを飲む」という場合。日常生活では「こんな風にカップを持ち上げてこんなスピードで飲み干して、こんな風に気持ちを表現しよう」なんて事は考えません。日常生活で最初にあるのは「コーヒーが飲みたい」という欲求です。これがなければ誰もコーヒーは飲まないのです。そしてこの欲求の種類がその後のコーヒーの飲み方を左右します。つまり、とっても喉が渇いていて一刻も早く冷たいコーヒーが飲みたい(状況)なら、自販機の取り出し口に向かう手は他の一切の無駄を排してすばやく動くだろう。と言う事です。そして取り出したコーヒーに対して自然に感情が生まれるわけです。程よく冷えたコーヒーならうれしい、ほっとする、等。熱いコーヒーだったら、ガッカリする、腹が立つ、可笑しくなる等。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://edgeproject2007.blog116.fc2.com/tb.php/19-2c86fe69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。